通販で人気のアボダート!効果・副作用やおすすめ購入サイトは?

アボダート ザガーロ

アボダートとは

アボダートとは、AGA治療の新薬「ザガーロ」と同じデュタステリドを有効成分とする薬です。
製造販売を行うのも、ザガーロと同様のGSK社になります。

ザガーロは今でこそAGA治療薬として知られていますが、成分のデュタステリドはもともと前立腺肥大症という男性特有の病気に対する治療薬として開発されました。
デュタステリドを含有する薬の中でも、”前立腺肥大症治療に用いるもの”がアボダート、”AGA治療に用いるもの”がザガーロという商品名で販売されているのです。

ただしデュタステリドをAGA治療薬として認可しているのは日本と韓国のみとなります。
韓国ではアボダートの商品名で販売されているので、ザガーロの商品名が使われているのは日本だけです。

つまりアボダートは商品名と用途が異なるだけで、配合する成分は全てザガーロと同じ薬ということになります。

ザガーロについて詳しく見る

 

アボダートの購入方法

AGA治療のため服用する方も多いアボダートですが、購入するには2つの方法があります。

・クリニックで処方を受ける
・個人輸入をする

お薬なびでアボダートの商品を購入する

アボダートは、日本では「アボルブ」という名称で取り扱われています。
薄毛治療専門のAGAクリニックでも、ザガーロではなくアボルブが処方されていることも少なくありません。
クリニックでは医師の診察を受けた上で薬が処方されるので、安心感をもって治療に臨めるのがメリットになります。

しかしアボダートを購入するときは、個人輸入をして手に入れた方がメリットが大きいです。
個人輸入といっても、自分で輸入手続きをするわけではなく「個人輸入代行サイト」を利用します。パソコンする人

簡単に言うと、個人輸入代行サイトは海外の医薬品を個人の代わりに取り寄せてくれるサービスです。
こちらのサイトを利用すると通販で買い物をするときと同じく、ネットで注文をしてから代金を支払うだけで簡単にアボダートが購入できます。
個人輸入代行サイトではクリニックにおける処方価格よりも安い値段で薬が購入でき、また通院をする手間もないのでお金と時間、どちらも大幅に節約できることが魅力です。

アボダートはAmazonや楽天市場で購入できないの?

欲しい商品があるとき、多くの方が真っ先に利用するのは「Amazon」や「楽天市場」ではないでしょうか。
どちらも莫大な種類の商品数を誇る通販サイトですが、残念ながら法律の関係でアボダートのような医薬品の販売は禁じられています。
そのためアボダートは個人輸入代行サイトでは購入できますが、Amazonや楽天市場では購入できません。

病気や症状の治療に使われる医薬品には、大きく2種類の分類があります。

・一般用医薬品
・医療用医薬品

一般用医薬品とは薬局などで市販されている薬のことになり、自分で選んで購入することができます。
別名「OTC医薬品」とも呼ばれ、後述する医療用医薬品と比べて有効成分の配合量が少なく、効果が控え目な分だけ安全性が高いです。
近年ではインターネット販売もスタートし、例えば一般用医薬品に分類される「リアップ」のような発毛剤はAmazonや楽天市場でも購入できます。

対する医療用医薬品は、病院で医師の診察を受けてから処方される薬のことになります。
一般用医薬品よりも効果が高いものの副作用にも注意が必要なため、医師や薬剤師と対面した上でなければ販売することはできません。
アボダートも医療用医薬品に分類されるため、Amazonなどでは購入できないのです。

しかし個人輸入代行サイトは、厳密に言うと薬を直接販売している訳ではありません。
あくまでも個人が薬を輸入するためのサポートをしているだけなので、アボダートのような医療用医薬品の販売が可能なのです。
ちなみに個人が薬を輸入することも法律で認められているので、ご安心ください。

アボダートを購入するなら「お薬なび」

個人輸入代行サイトの数は、近年では増加傾向にあります。
様々なサイトがある中で、アボダートを購入するなら当サイトでは「お薬なび」をおすすめします。

お薬なびにおけるアボダートの販売価格は、次の通りです。

アボダートなび価格

アボダートは一部のAGAクリニックでも取り扱いがあり、AGA治療のために処方されることがあります。
しかしクリニックにおけるアボダート(アボルブ)の価格相場は30錠で7,000円~10,000円、1錠当たり233円~333円です。
比べるとお薬なびで購入した方が、クリニックで処方を受ける場合と比べて半分の値段でアボダートを入手できます。

さらにお薬なびには、お得なポイント制度があることも見逃せません。
商品代金の最大5%分のポイントが購入後に付与され、次回のお買い物時に1ポイント=1円で利用できます。
AGA治療は長期戦になり薬の服用も長引くため、ポイント還元されるのは嬉しいメリットです。

お薬なびでアボダートの商品を購入する

偽物が届くリスクはないの?

個人輸入代行サイトに関して、最も注意したいのが偽物の薬が届くリスクです。
有効成分が含まれていない、あるいは体に害のある成分が含まれているなどの”ニセ薬”が存在は世界中で問題視されています。
実際に日本でも個人輸入をした薬が原因とみられる健康被害が起きているようです。
自分の健康を守るためにも個人輸入代行サイトは、取り扱っている製品の値段やサービスだけでなく信頼できるかどうかも重視しながら選ばなくてはなりません。

その点、お薬なびは100万件以上の輸入実績があり、不定期に倉庫の視察を行うなど万全のチェック体制を敷いています。
また商品ページに書かれている口コミが多いことからも大勢の利用者がいることが明らかであり、お薬なびはニセ薬などのリスクが無く安心して利用できるサイトだと言えます。

アボダートの効果

アボダートは、AGA治療薬ザガーロと同一の成分を含む薬です。
そのためAGA(男性型脱毛症)の治療に対しても、高い効果が期待できます。

男性特有の脱毛症であるAGAはなぜ起こるのか、その原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる物質です。
1本1本の髪の毛には、「成長期」と呼ばれる髪が太く長く伸びていく時期が2~6年ほどあります。
しかしDHTは髪の成長を邪魔し、成長期を数ヶ月~1年と大幅に短縮させてしまうため抜け毛が多くなってしまいます。弱い髪の毛

このDHTの正体は、活性化した男性ホルモンです。
血液中にある男性ホルモンの1種「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことで“テストステロン→DHT”へと変換されてしまいます。

そこでアボダートには、5αリダクターゼに対する阻害作用があります。
アボダートが5αリダクターゼを抑制し、テストステロンの変換を防ぐことでDHTの生成が抑えられ、AGAの治療効果が発揮されます。

アボダートとプロペシアの効果はどっちが上?

AGA治療薬には、アボダートやザガーロ以外にも「プロペシア」という薬があります。
フィナステリドを有効成分とするプロペシアは世界で初めて登場したAGA治療薬になり、優れた有効性と安全性から今なお広くAGA治療に用いられている薬です。

アボダートとプロペシアでは、どちらのAGA治療効果が高いのでしょうか。
結論から言ってしまうと、プロペシアよりもアボダートの方が高い効果があることが認められています。

アボダートとプロペシアは、どちらもDHTの生成に関わる5αリダクターゼを阻害する効果がある薬です。
文字にすると一緒の効果に思えますが、5αリダクターゼには1型・2型という2つのタイプがあります。
プロペシアは2型の5αリダクターゼにしか効かないのに対して、アボダートは1型・2型どちらの5αリダクターゼも阻害できるため効果がより強力なのです。

したがってプロペシアを服用して効果が見られなかった方も、アボダートやザガーロに切り替える価値は十分にあります。

アボダートの副作用

アボダートの主な副作用として知られているのは、性機能に関する症状になります。
「AGA(薄毛)は治療したいけど、副作用が心配」との理由から、薬の服用を避ける方も多いです。
しかし実際のところ、アボダートも含めてAGA治療薬を飲んで副作用が出る頻度はほとんどありません。

アボダートと同じ成分を含むAGA治療薬のザガーロは、国際的な臨床試験が行われています。
臨床試験において副作用が報告された症例のほとんどは性機能に関する症状でしたが、その頻度はED(勃起不全)4.3%・性欲の減退3.9%・精液量の減少1.3%と小さなものです。
もちろんアボダートもザガーロと成分は同じであるため、同様の結果になると考えられます。

したがってアボダートは副作用の頻度が少ない薬であり、安心して服用できます。
また副作用のことばかり気にしていると、本当にそのような症状が出てしまう(ノシーボ効果)こともあるので、心配しすぎることもよくありません。

アボダートの飲み方

アボダートは本来、前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。
AGA治療に用いる場合は、同じ有効成分を配合した薬であるザガーロの用法・用量を参考にします。

ザガーロの飲み方は、添付文書によると次のように指定されています。

0.1㎎、または0.5㎎を1日1回の服用

アボダートは1カプセルが0.5㎎なので、同じように1日1回、1カプセルずつ服用を続けていきます。

アボダートを飲むときの注意点

アボダートを飲むときに注意したいことは、2点あります。

・割って飲まない
・人によっては服用できない

アボダートは、カプセルの中に薬液が入っています。
割って飲んでしまうと、薬液がノドの粘膜を刺激する恐れがあるので割ったり噛んだりせず、そのまま飲むようにしてください。

また次に当てはまる方は、アボダートの服用は禁忌とされています。

・女性
・小児
・アボダートの成分、あるいは他の5α還元酵素阻害剤に過敏症の既往歴がある方
・重い肝機能障害がある方

特に女性や子供は、アボダートのカプセルに触れることも控えるべきでしょう。
アボダートの成分は男子胎児の生殖器の成長に影響を与える恐れがあり、さらに皮膚から吸収されることもあるためです。

アボダートとザガーロの違い~効果・価格について~

おさらいになりますが、アボダートとザガーロは用途が異なる薬です。

・アボダート → 前立腺肥大症の治療薬
・ザガーロ  → AGA(男性型脱毛症)の治療薬

しかし成分はどちらも同じデュタステリドであるため、効果は変わりません。
アボダートをAGA治療に用いても問題なく、ザガーロと同等の効果が期待できるはずです。

ただし効果は同じでも、アボダートとザガーロは購入するときの価格に違いがあります。
アボダートは個人輸入をして入手できますが、ザガーロは基本的にAGAクリニックで処方を受ける以外に購入方法がありません。
2つの薬には、購入価格に大きな差があります。

製品名 数量 販売価格 1錠当たり 購入方法
アボダート 90錠 10,800円 120円 お薬なび
ザガーロ 30錠 9,000円~12,000円 321円~428円 AGAクリニック

お薬なびでアボダートの商品を購入する

ザガーロは30錠(約1ヶ月分)で1万円前後の費用がかかりますが、アボダートは同じ費用で90錠(3ヶ月分)も購入できます。
1錠当たりの値段で比べてみても、アボダートはザガーロのおよそ3分の1程度であり、大きな差があることが明らかです。

AGA治療は効果が出るまで通常6ヶ月はかかるため、治療を継続するためにも費用を重要視する方が多くいらっしゃいます。
そこでアボダートであれば費用も安いため、治療を継続しやすいことがポイントです。

アボダートを服用した方の口コミ

★5
ドジビゴさん(46歳)
薄毛が、気になってましたが、飲みはじめて、どんどん目立たなくなって来ました。これ、すごく効きます。もちろん、合うあわないは、あるのでしょうが、 オススメです!!
★4
まるさん(47歳)
薄毛で悩む知人がふさふさになっているのを見て、使っている薬を聞いたらこれでした。自分も薄毛に悩んでいたので、即購入。最初は逆に抜け毛が増えたので焦りましたが、これは悪い毛が抜けているんですね。びっくりしました。しかし、これを続けていたらいい感じだと聞いたので信頼して続けたところ、産毛がはえてきました。今後が楽しみです。

 

★5
まいのまいさん(43歳)
諦めかけていましたが、薄かった頭頂部がうっすら黒くなってきたと、妻に言われました。食生活や生活改善も行っていましたが、前より少しだけ気を使った程度だったので、たぶんアボダートのおかげだとおもいます。今まで恥ずかしくて室内でも極力帽子をかぶっていましたが、髪が生えそろったら室内ではかぶらずに済むかもしれません。

アボダートについてまとめ

アボダートは、AGA治療薬ザガーロと同じ成分を含んでいる薬です。
そのためザガーロと同等の効果が期待でき、AGA治療のため服用している方も大勢いらっしゃいます。

またアボダートはクリニックの処方を受ける以外に、個人輸入代行サイトから購入することもできます。
個人輸入代行サイトを利用した場合はザガーロよりも安価にアボダートを購入でき、通院の手間もかかりません。
近年ではアボダートを定期的に個人輸入しながら、AGA治療に取り組んでいる方も増えてきています。

お薬なびでアボダートの商品を購入する

コメント

タイトルとURLをコピーしました