フォリックス頂上決戦!FR12・FR15・FR16おすすめは?

フォリックスシリーズ ミノキシジル

アメリカ発の育毛剤シリーズ「フォリックスFR」は、日本でも愛用者が多い商品です。
シリーズ内でも特に高濃度のミノキシジルを配合し、人気も高いフォリックスFR12・FR15・FR16について徹底比較していきます。

フォリックスの価格を見る

育毛剤「フォリックスFR」シリーズについて

フォリックスFRとは、アメリカで製造販売されている育毛剤シリーズです。
日本で販売されている「リアップ」などと同様に、有効成分としてミノキシジルを配合しています。

国内では、育毛剤に配合されるミノキシジルの濃度は5%が最高値です。
対するフォリックスFRシリーズはミノキシジルが高濃度で配合されていることが特徴で、種類によっては10%15%など国内品の2倍、3倍ものミノキシジルを含有しています。

総じて国内品を上回る発毛効果が期待でき、個人輸入を利用してフォリックスFRシリーズを購入している方も多いです。

リポスフィアテクノロジー

フォリックスFRシリーズの商品には、最新技術の「リポスフィアテクノロジー」が採用されています。
リポスフィアテクノロジーとは有効成分をカプセル化し、成分の吸収効率をアップするための技術です。

カプセル化された有効成分は皮膚の深い層まで浸透していくため、効果を発揮させたい頭皮や毛根まで成分がしっかりと届きます。
さらに有効成分は時間をかけて少しずつ浸透し、成分の育毛・発毛効果を最大限に得られます。

特に人気が高いフォリックスFR12・FR15・FR16

フォリックスFRシリーズは、これまで6種類の育毛剤を展開しています。

フォリックスFR02
フォリックスFR05
フォリックスFR07
フォリックスFR12
フォリックスFR15
フォリックスFR16

「FR○○」の数字は、配合されているミノキシジルの濃度を表しています。
FR02なら2%、FR05なら5%というようにミノキシジルが低濃度から高濃度の育毛剤までレパートリーは幅広く、自分の体質や症状に合わせて選ぶことが可能です。

しかし人気が高いのはやはり高濃度のミノキシジルが配合された製品であり、特にフォリックスFR12・FR15・FR16は国内でも愛用者が続出しています。
以下ではフォリックスFR12・FR15・FR16について、それぞれの特徴を解説していきます。

フォリックスFR12

フォリックスFR12 フォリックスFR12は、AGA改善効果が認められたミノキシジル・フィナステリドの2大成分を配合した育毛剤です。
血流を改善し発毛を促すミノキシジルを12%の高濃度で配合し、さらにフィナステリドがAGAの進行を食い止め、抜け毛を抑制。
2つの成分による相乗効果により、効率的なAGA治療が可能になります。

その他にフォリックスFR12に含まれる有効成分は、次の通りです。

○アデノシン
血行を促し、成長因子FGF-7を産生することで発毛を促進する成分

○アルファトラジオール
5αリダクターゼを阻害し、抜け毛を防ぐ育毛成分

○Follicusan(フォリクサン)
毛包を活性化し、髪の成長を促す成分

またミノキシジル育毛剤にありがちな使用後のべたつきがフォリックスFR12には少なく、メントールも配合されているので清涼感があります。
スプレー式で手が汚れず、PGフリーでかゆみなどの副作用も起こりにくいので使用感はとても良いです。

ただしフォリックスFR12に配合されているフィナステリドは、男子胎児における生殖器の発達に影響を与えることがあります。
家族と一緒に暮らしている方は、子供や女性が触れないように注意してください。

フォリックスFR15

フォリックスFR15フォリックスFR15は頭皮の血行を改善し、発毛効果を発揮するミノキシジルを15%の高濃度で配合した育毛剤です。
先述したフォリックスFR12と比べてさらにミノキシジルの濃度が高く、より優れた発毛効果を期待できます。

そしてフォリックスFR15の有効成分はミノキシジルだけでなく、他にも次のような成分が含まれています。

○アデノシン
血行を促し、成長因子FGF-7を産生することで発毛を促進する成分

○プロシアニジンB2
毛母細胞を増やし、ヘアサイクルを改善する育毛成分

○Follicusan(フォリクサン)
毛包を活性化し、髪の成長を促す成分

他の育毛剤を試してみても効果に満足できなかった方も、フォリックスFR15なら薄毛や抜け毛の悩みを改善できるかもしれません。

またフォリックスFR15には、FR12やFR16と比べてフィナステリドが含まれていません
すでにプロペシアやそのジェネリックを服用している方も、副作用のリスクを気にすることなく使用できることもフォリックスFR15のメリットです。

剤型はFR12と同じスプレー式のため、使用感も悪くありません。

フォリックスFR16

フォリックスFR16フォリックスFR16は、フォリックスFRシリーズの中で最高濃度となるミノキシジル16%を配合した育毛剤です。
ミノキシジルが16%も配合された育毛剤は、このフォリックスFR16以外にほとんどありません。

さらにフォリックスFR16には、発毛を促すミノキシジルだけではなく抜け毛を防ぐフィナステリドも配合しています。
高濃度のミノキシジルによる攻めの効果に加えて、守りの成分であるフィナステリドの相乗効果が期待できるため人気が高いです。

おまけに、フォリックスFR16にはその他の育毛成分も含まれています。

○アデノシン
血行を促し、成長因子FGF-7を産生することで発毛を促進する成分

○トリペプチド-1銅
髪の成長期を延長し、抜け毛を防ぐ成分

○Procapil(プロキャピル)
AGAの原因物質DHTを抑制し、毛包を活性化させる成分

生え際などに起きた改善が難しい薄毛に悩んでいる方にも、フォリックスFR16はおすすめです。

またフォリックスFR16の剤型は、シリーズ唯一のクリームタイプです。
スプレー式のFR12やFR15とは使用感が異なるため好みは分かれますが、液だれの心配がないことからフォリックスFR16を選ぶ方もいらっしゃいます。

おすすめのフォリックスはどの数字?

フォリックスシリーズは、高濃度のミノキシジルが配合された育毛剤シリーズです。
国内で販売されている商品と比べて、ミノキシジルの濃度が高いためより確かな発毛効果を期待できます。

しかしフォリックスシリーズには幅広い商品レパートリーがあり、どれを選ぶといいのか迷う方も少なくありません。
そこで以下では、3つの選び方ごとにどのフォリックスがおすすめなのかを説明していきます。

スプレー式orクリームタイプで選ぶ

フォリックスシリーズの中でも特に愛用者の多いフォリックスFR12・FR15・FR16ですが、これらの剤型は「スプレー式(FR12・FR15)」「クリームタイプ(FR16)」の2タイプに分かれます。
剤型によって使用感は大きく異なるので、スプレー式かクリームタイプかで選ぶことも選択肢の1つです。

まずはスプレー式のフォリックスにおける使用感をチェックしていきましょう。

【良い点】
手が汚れず、簡単に使用できる
スーッとした爽快感があり、気持ちいい
多く出てしまうことが無い
【悪い点】
量が少なくなると、出にくくなる
ポンプ部分が固い
薬液が頭皮ではなく髪についてしまう

スプレー式のフォリックスシリーズはメントール配合による爽快感や、使う際に手が汚れないことにメリットを感じる方が多くいらっしゃいます。
しかしスプレーのポンプ部分が使いにくいという意見も多く、メーカーの改良が待たれるところです。
さらに髪につくのが嫌という方も多いですが、スプレー式のフォリックスを使用する際は地肌に近い位置で噴射すると、ピンポイントで頭皮に浸透させられるので効果的ですよ。

続いて、クリームタイプの使用感を確認していきます。

【良い点】
液だれがしにくい
頭頂部や分け目の部分にも塗りやすい
髪がべたつきにくい
【悪い点】
クリームが固まって出てこなくなる
量が少なくなると、ポンプが使えなくなる
多くつけると、白く残る

クリームタイプの場合、特に問題になりやすいのがクリームが固まり、出てこなくなることです。
FR16を愛用している方の中には、ポンプの使用を諦めて綿棒などでクリームをすくい取ってから頭皮に塗っているという方もいらっしゃいます。

とはいえ、こうした剤型による使用感の違いに関しては個人の好みによる差が大きいです。
スプレー式・クリームタイプのどちらが優れているとも言い切れないため、どっちの剤型も試してみて使い勝手が良いと感じた方を使い続けることをおすすめします。

発毛効果で選ぶ

育毛剤を使う際に共通するのは、”髪を生やしたい“という目的です。
フォリックスシリーズは国内の商品よりもミノキシジルの配合濃度が高い育毛剤ですが、より優れた発毛効果を得たいのであれば答えはシンプルです。
発毛効果の高さから選ぶのであれば、フォリックスFR16の使用をおすすめします。

フォリックスシリーズには様々な育毛剤が登場していますが、フォリックスFR16はシリーズ内で最も高濃度のミノキシジルが含まれている育毛剤です。
その配合濃度は16%であり、国内での最高濃度となる5%と比べて約3倍ものミノキシジルが配合されています。
さらにAGAの進行を抑えるフィナステリドも配合しているため、フォリックスFR16はまさにAGA治療に有効な成分がギュッと凝縮された育毛剤と言えます。

ですがフォリックスFR16は唯一のクリームタイプとなり、シリーズ内ではこの商品だけ剤型が異なっています。
もしもクリームタイプが使いにくいと感じた場合、次点でミノキシジルの配合濃度が高いフォリックスFR15を試してみてください。

他のミノキシジルジェネリックを見る

安全性で選ぶ

フォリックスシリーズには共通してミノキシジルが使用されていますが、一部商品には医薬品成分のフィナステリドが含まれています。
どちらもAGA治療には優れた有効性と安全性が認められているお馴染みの成分ですが、副作用のリスクが全くないとは言い切れません
特にミノキシジルとフィナステリドの両方が配合されていれば、副作用のリスクも大きくなるはずです。

そこでフォリックスFR12・FR15・FR16の中で、安全性を加味しながら選ぶのであればFR15をおすすめします。
FR12・FR16にはフィナステリドが含まれていますが、一方のFR15はフィナステリド未使用です。
そのうえシリーズで2番目に高濃度のミノキシジルが配合されているため、発毛効果の期待値に関しても申し分ありません。

フォリックスを購入するなら「お薬なび」

フォリックスシリーズは一部のAGAクリニックでも処方されていますが、多くの方は個人輸入代行サイトを利用して購入しています。
個人輸入代行サイトから購入した方が値段が安い傾向にあり、しかも通院の手間もかからないためメリットが大きいです。

しかし近年では個人輸入代行サイトの数も増え、「どのサイトがお得なの?」「商品はちゃんと届くのか」など疑問や不安を感じる点も多いと思います。
数ある個人輸入代行サイトからフォリックスを購入するときは、当サイトでは「お薬なび」の利用をおすすめします。

お薬なびは個人輸入代行サイトの中では大手のサイトであり、これまで100万件以上の輸入実績を誇るなど確かな信頼性が伺えます。
商品の品ぞろえも豊富で、もちろんフォリックスシリーズの取り扱いもあります。

商品名 内容量 販売価格 サイト
フォリックスFR12 1本(60ml) 5,180円

商品ページ

フォリックスFR15 1本(60ml) 4,940円

商品ページ

フォリックスFR16 1本(60ml) 5,180円

商品ページ

お薬なびでミノキシジルの商品を見る

参考までにAGAクリニックにおけるフォリックスシリーズの処方価格は9,000円前後に設定されており、お薬なびでの販売価格は大幅に安いことが分かります。
さらにお薬なびでは商品代金の最大5%がポイント還元され、溜まったポイントは”1ポイント=1円“で使用できるためお得にフォリックスシリーズの育毛剤を購入することが可能です。

タイトルとURLをコピーしました